カテゴリ:作家紹介( 9 )
作家紹介~寺田洋子~
「秋に集う 三人展」の展示作家、指物師の寺田洋子さんをご紹介します。

寺田さんは富山県朝日町で箱もの、棚、お茶道具、生活道具などをお作りになっています。
ご自宅の工房の名前は「指もの カッセッタ」。
一点一点、丁寧に仕上げられた作品は、すっと手に馴染み、長く愛用できるものばかりです。

寺田洋子さんより
「大切に使われてきた物には人の手から手へと伝わる暖かさがあるように思います。
そんな長く大切に使って頂けるものを目指しています」

寺田洋子
富山県下新川郡朝日町生まれ
2000年 大阪工業大学大学院建築学科修了
    指物師・北山利一氏(八尾町)に師事
2006年 自宅工房「指もの カッセッタ」にて創作活動を始める
以降個展、グループ展を各地で開催

※寺田さんの工房では修繕、漆の塗り直しなども承ります。ぜひ、ご相談ください。



[PR]
by gfutamura | 2017-10-09 11:35 | 作家紹介
石原亮太 オーナメントサルのご紹介
石原亮太さんのPebble Ceramic Design Studioから来年の干支「サル」のオーナメントのご案内が届きました。
昨年の個展では干支「ヒツジ」のオーナメントが大人気だった石原さんのコンセプトは「普段でもインテリアとして飾れるようなデザイン」です。
gallery Futamura でもご予約を承っております。
一年を通して飾ることのできる石原さんのオーナメント、ご自宅やプレゼントにいかがでしょうか。
(無地と柄の2種類をご用意しております)


b0304672_15375367.jpg

b0304672_1538469.jpg


オーナメントサル
価格:¥3,000(税抜) 
サイズ:w67 d84 h103mm

ご注文は
03-3300-0485又は
galleryfutamura@gmail.com
まで。



gallery Futamura
東京都世田谷区粕谷4-22-11
03-3300-0485
[PR]
by gfutamura | 2015-10-17 23:07 | 作家紹介
作家紹介〜Pebble 石原亮太〜
「盛春 食器の展示」で展示中の石原亮太さんをご紹介します。

石原さんの器は、ギャラリーオープン時から、
お客様にお茶をお出しする器に使わせて頂いています。
お客様からは、北欧風の洗練された形と、持ちやすさ、口当たりの良さで好評を頂いております。

今回は、その他にお皿、ボウルなどもご用意しました。
また、お好きなスパイスを挽くことのできるミルも注目を集めています。

この機会にぜひご覧下さい。

b0304672_226567.jpg

b0304672_2275119.jpg

b0304672_2282864.jpg


石原亮太 Pebble Ceramic Design Studio

【profile】
1983年 長崎県波佐見町生まれ
2002年 佐賀県立有田工業高等学校セラミック科卒業
2005年 ドイツハレ芸術デザイン大学留学
2006年 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2007年 株式会社ウィークス入社
2012年 株式会社ウィークス退社

【competition】
2003年 第33回長崎陶磁展入選
2004年 第34回長崎陶磁展入選
2005年 国際陶磁器フェスティバル美濃'05入選
     第35回長崎陶磁展佳作
2006年 第36回長崎陶磁展佳作
     第20回工芸都市高岡クラフトコンペ蝋山昌一特別賞
2007年 第21回工芸都市高岡クラフトコンペ奨励賞
2008年 第22回工芸都市高岡クラフトコンペ入選
2013年 高岡2013クラフトコンペ入選

【exhibition】
2006年 Pollen World(モンネ・ポルトギャラリー/波佐見町)
     体にいい焼き物(佐賀市歴史民族館/佐賀)
2013年 クラシノノミノイチ(護国神社/福岡)
     summer+sea+accessory=matto mento(matto mento/福岡)
     NO BOUNDARIES(韓・電ARTセンターギャラリー/韓国)


[PR]
by gfutamura | 2014-04-22 22:38 | 作家紹介
作家紹介~堀内章代~
「春を待つ 三人展」の展示作家から、和紙造形の堀内章代さんをご紹介します。

堀内さんは富山県で手漉き和紙『悠久紙(五箇山)』を使い、作品を制作しています。
「春を待つ 三人展」では、お雛さまとお内裏さまをメインに、天神さまも展示します。

手漉き和紙を折り重ねて現れる造形美を、どうぞご堪能ください。



堀内章代
富山市在住
1996  多摩美術大学デザイン科
    立体デザイン科クラフトデザイン専修ガラスコース卒業
1997~2003
    あさひふるさと創造社 なないろKAN 硝子工房 勤務
2009  出産•育児をきっかけに、越中和紙を使った作品制作に取り組む
2009  蛭谷和紙を使った天神様を提案し、富山県デザイン展にて奨励賞受賞
2010  ささら屋立山本店ギャラリーにて、個展『紙WAZA』
2011.6 魚津•木村邸にて、三人展『気ごころ』
2011.12 ささら屋立山本店ギャラリーにて、三人展『森羅万象』
2012. 2 北日本新聞社新川支局ギャラリーにて、四人展『こちふかば』
2012.10 魚津•木村邸にて、四人展『気ごころ』

作家より
「山の『自然の力』と、四季の気候に寄り添いながら丁寧につくられた手漉き和紙
『悠久紙(五箇山)』を使い、作品を展開しています。和紙の凛とした美しさと清
らかさが生かされるようなデザインを心がけています。作品は全て、和紙を一度
正方形に裁断しておりがみを作り、オリジナルのアイデアで構成していきます。」


b0304672_11151645.jpg

[PR]
by gfutamura | 2014-01-22 14:15 | 作家紹介
作家紹介~光佳染織(横内佳代子・代島光子)~
「春を待つ 三人展」の展示作家、横内佳代子さんと代島光子さんをご紹介します。

お二人は長野県松本市で桜・栗・胡桃・矢車など身近で採れる植物染料を中心に染色し、座繰り糸とよばれる手作業で引かれた糸を使って着尺、帯などを織っています。
工房の名は「光佳染織」。
草木染から手織りまで、すべてお二人の手仕事です。

軽やかな光沢を放つ綾織りなど、高い技量をどうぞご堪能ください。

横内佳代子
1963 長野県松本市生まれ
1986 東京造形大学デザイン科卒業
1986~1994 服地のデザインに携わる
1994~2001 本郷織物にて本郷孝文氏に師事
2001~ 光佳染織

代島光子
1956 静岡県藤枝市生まれ
1976 京都造形芸術学院染織科卒業
1976~2001 本郷織物にて本郷孝文氏に師事
2001~ 光佳染織
[PR]
by gfutamura | 2014-01-22 13:12 | 作家紹介
作家紹介~高桑英隆~
gallery Futamuraの展示作家の中から、高桑英隆さんをご紹介します。

高桑さんは富山県富山市で白磁、青磁を中心に作陶をなさっています。
県内外で個展を中心に制作発表し、2004年には富山県芸術文化協会からハンガリーに派遣され、国際陶芸フェスティバルに参加しています。

白磁、青磁を極め、その端整な作風は多くのファンを魅了しています。

b0304672_11461147.jpg


b0304672_123471.jpg


b0304672_1242959.jpg

[PR]
by gfutamura | 2013-12-09 23:24 | 作家紹介
作家紹介~吉川千香子~
Gallery Futamuraの展示作家の中から陶の吉川千香子さんをご紹介します。

吉川千香子さんは愛知県常滑市で作陶をなさっています。
迷いの無い手作業から次々に作り出される作品は、年ごとに変貌し、観る者をワクワクさせます。
日常使いの器から、洒脱な造形まで、瞬時に心をつかむ作風で多くの人々を魅了しています。


b0304672_23204813.jpg


b0304672_2321484.jpg


b0304672_23221881.jpg


b0304672_23223789.jpg



吉川千香子
1948年 北海道小樽市に生まれる
1970年 武蔵野美術大学彫刻家卒業
1974年 愛知県常滑市に移る
1978年 初個展。以後、個展多数
2001年 「伊丹酒杯台展」優秀賞
2003年 「The 2nd World Ceramic Biennale 2003 Korea」特別賞

PUBLIC COLLECTION
・不思議の森 吉川千香子の世界(名古屋市東山植物園)
・常滑市民文化会館
[PR]
by gfutamura | 2013-12-09 23:23 | 作家紹介
作家紹介~桐山浩実~
gallery Futamuraの展示作家の中から青竹細工の桐山浩実さんをご紹介します。

桐山浩実さんは大分県の庄内町で青竹細工の制作をなさっています。
青竹細工の特性を存分に生かしながら、デザイン性にも優れた作品が魅力です。
用途に応じて多種多様なデザインを展開し、籠好きな人以外にも多くのファンをお持ちです。

来年5月には当ギャラリーにてジャワ更紗との企画展を開催予定です。
どうぞお楽しみに。

b0304672_2214926.jpg
b0304672_2214282.jpg
b0304672_22144511.jpg
b0304672_2215381.jpg


桐山浩実
1963年 奈良県生まれ。現在、大分県在住。
1993年 第35回日本民藝公募展優秀賞
1996年 日本民芸館展民芸協会賞
       第38回日本民芸公募展工業技術院長賞
1999年 日本民芸館展入選
以後、入選、各賞多数受賞
[PR]
by gfutamura | 2013-12-09 23:18 | 作家紹介
作家紹介~大場芳郎~
展示作家の中から、漆芸の大場芳郎さんをご紹介します。

大場さんは現在、長野県松本市内で漆器を制作しています。
漆の採取から携わり、漆器を日常生活で長く愛用されることを願う作家です。

普段使いのお椀各種のほか、迎春に向けて片口、盃、お重を展示しております。



b0304672_22484565.jpg


b0304672_224968.jpg


b0304672_237894.jpg



大場芳郎
能登・輪島にて修行。年季明け。
輪島漆器高等職業訓練校修了。
1980年より大場漆部(うるしべ)自営。
20年近く松本中山地区にて漆採取・精製。(上塗用として使用)
安川氏、池田氏より柳民藝美論を学ぶ。
[PR]
by gfutamura | 2013-12-06 23:09 | 作家紹介



東京都世田谷区粕谷4-22-11/03-3300-0485
by gfutamura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
展示会
作家紹介
イベント
アクセス
ごあいさつ
未分類
最新の記事
「豊田栄美の手織り」展
at 2018-11-11 17:14
「はらだたけひで 絵本と原画..
at 2018-10-03 16:39
ただいま常設展開催中
at 2018-09-14 15:40
9月常設展のご案内
at 2018-09-07 15:45
8月常設展のご案内
at 2018-08-08 15:21
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧